メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

リッカルド・ムーティ来日 音楽こそ平和への媒体 「最後の巨匠」世界文化賞受賞

「オペラにおいて、言葉と音は縦の関係」と語るムーティ=日本美術協会提供

 「最後の巨匠」と称されるイタリア出身の指揮者リッカルド・ムーティが第30回世界文化賞(日本美術協会主催)の音楽部門受賞者として来日し、記者会見に臨んだ。77歳になった重鎮だが、世界を股にかけての指揮活動と後進の指導で多忙を極め、滞在は2日足らず。それでも「音楽はうそをつかないし、裏切ることもない」と、尽きせぬ情熱を語った。来年1、2月には米シカゴ交響楽団を率いて東京文化会館でベルディの「レクイエム」などを振るほか、東京・春・音楽祭で3年にわたる「イタリア・オペラ・アカデミー in 東京」を開講するなど、日本での仕事が相次ぐ。「言葉と音は並列ではなく縦の関係にあることを、若い世代に伝えていきたい」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り899文字(全文1206文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  2. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  3. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  4. ライブハウス自粛影響調査 困窮浮き彫り 札幌のバンド有志「他業種が声上げるきっかけに」

  5. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです