メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演歌・歌謡ラボ

長山洋子/城之内早苗=専門編集委員・川崎浩

長山洋子 立ち弾きでビート表現

 最近、NHKのど自慢を見ていると、演歌を歌う中高生をよく見る。若者の演歌人口が増えているらしい。「ポップス若者・演歌年寄り」といった先入観は過去のものになりつつある。長山洋子は、1984年にアイドルでデビュー、86年ディスコソング「ヴィーナス」が大ヒット。93年に「蜩(ひぐらし)」で演歌転身を果たす。当時は驚かれたが、今歌う「じょっぱりよされ」(ビクター)を聴くと、ディスコと演歌を分ける意味合いを感じなくなる。

 「私の看板の一つである三味線の立ち弾きを前面に出す曲。強い女性を打楽器のような津軽三味線のビートで…

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文712文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです