メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いじめ

対応事例集、文科省HPで公開 不適切ケースも周知 「同じ失敗繰り返さず」 /青森

 文部科学省は、小中学校などで実際に起きたいじめに学校側がどう対応したのかをまとめた事例集をホームページ(HP)で公表した。対応が適切だった事例だけではなく、対応に問題があったケースも載せており、文科省は「同じ失敗を繰り返さないためにしっかりと周知したい」としている。【一宮俊介】

 いじめ防止対策推進法が施行された2013年以降も、学校側がいじめを見逃したり、いじめと認識していなかったりするケースは相次いでいる。このため、有識者でつくる国の「いじめ防止対策協議会」が16年11月、いじめへの対応の具体例を示すよう文科省に提言していた。

 事例集は、いじめられている生徒がいじめ被害を認めなかったり、「学校には言わないでほしい」と保護者に…

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文842文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  2. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  3. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  4. 東芝子会社で架空取引 200億円規模 グループ外企業と循環取引か

  5. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです