東北清酒鑑評会

純米酒の部 「会津中将」最優秀賞 鶴乃江酒造 /福島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 仙台国税局は東北6県の清酒の品質を審査する「2018年東北清酒鑑評会」の結果を公表し、純米酒の部の最優秀賞を「会津中将」の鶴乃江酒造(会津若松市)=4年ぶり2回目=が受賞した。優等賞も含めて県内では計22製造場40点が受賞し、製造場数と点数ともに東北で最も多かった。

 17年7月から18年6月に製造した清酒が対象で吟醸酒の部は138製造場231点、純米酒の部に123製造場157点の…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文482文字)

あわせて読みたい

注目の特集