メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

津波浸水

33市町村で2.8万ヘクタール 大地震想定 県が初の試算 /千葉

 県は1000年に1度の大地震による最大クラスの津波で沿岸部や河川周辺がどのくらい浸水するかを示した「津波浸水想定」を公表した。2011年12月に施行された「津波防災地域づくり法」に基づく初めての試算。最大25・2メートルの高さの津波が押し寄せ、33市町村で県面積の約5%にあたる計2万8612ヘクタールが浸水すると想定している。県は各市町村に情報提供し、各市町村はハザードマップ整備や津波災害警戒区域の指定に役立てていく。【町野幸】

 東日本大震災(11年)や元禄関東地震(1703年)など過去に県沿岸部に津波被害をもたらした地震に、…

この記事は有料記事です。

残り1322文字(全文1589文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 広陵が2回戦進出 河野が3安打完封で八戸学院光星降す
  4. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  5. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです