メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カメラ探訪

富山県高岡、射水市 日常が映画の世界に 「君の膵臓をたべたい」の舞台 /北陸

作品のモデルになった万葉線・末広町電停=富山県高岡市末広町で、森野俊撮影

 2016年の本屋大賞で2位を獲得した作家、住野よるさんの人気小説「君の膵臓(すいぞう)をたべたい」をアニメ化した映画の舞台は富山県高岡市周辺。県や市観光協会などは映画の公開に合わせてイベントを企画。観光客の取り込みに一役買っている。

 映画は膵臓の病気を患い、余命いくばくもない女子高校生の「桜良」と、桜良が書いていた秘密の闘病日記を偶然、見つけたクラスメートの「僕」が過ごす時間を描く青春物語。9月に公開された。

 県観光振興室によると、監督・脚本を務めた牛嶋新一郎さんの母方の祖母が高岡市在住。幼少期に頻繁に訪れ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 直前「胸騒ぎ」で井戸 命つなぐ 神戸の92歳、二つの大地震の経験生かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです