メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
カメラ探訪

富山県高岡、射水市 日常が映画の世界に 「君の膵臓をたべたい」の舞台 /北陸

作品のモデルになった万葉線・末広町電停=富山県高岡市末広町で、森野俊撮影

 2016年の本屋大賞で2位を獲得した作家、住野よるさんの人気小説「君の膵臓(すいぞう)をたべたい」をアニメ化した映画の舞台は富山県高岡市周辺。県や市観光協会などは映画の公開に合わせてイベントを企画。観光客の取り込みに一役買っている。

 映画は膵臓の病気を患い、余命いくばくもない女子高校生の「桜良」と、桜良が書いていた秘密の闘病日記を偶然、見つけたクラスメートの「僕」が過ごす時間を描く青春物語。9月に公開された。

 県観光振興室によると、監督・脚本を務めた牛嶋新一郎さんの母方の祖母が高岡市在住。幼少期に頻繁に訪れ…

この記事は有料記事です。

残り569文字(全文826文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 「明治フルーツ」販売終了 60年の歴史に幕

  5. 「トランプ公式プラ製ストロー」販売開始 ロゴ入り10本で1600円 「紙」に対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです