メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大溝藩城下の総合展

来年は400周年 25日には講演会 高島 /滋賀

(左)大溝藩初代藩主、光信の肖像画 (右)インド産じゅうたんが土台と分かった巴組の見送り幕=滋賀県高島市の藤樹の里文化芸術会館で

 高島市勝野の大溝城に藩主の分部公が入って来年400周年を迎えるのを記念し、「大溝藩と分部氏-城下町の400年」と題した総合展が藤樹の里文化芸術会館(同市安曇川町)で開かれている。市教委主催で無料。月曜休館。「城下町のくらしと大溝祭」のテーマで講演会(要予約、資料代200円)が、最終日の25日午後1時半から会館ホールで開かれる。

 分部藩主は11代続いた。初代、光信の肖像画(菩提寺の円光寺蔵)は、行事で掲げられる他は普段見られず、初公開となる藩主直筆の書画や絵7点(市所有)を含め、計約110点を展示している。

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文646文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  2. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

  3. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  4. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

  5. インド南部で旅客機着陸失敗、17人死亡 滑走路で停止できず斜面落下

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです