メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

被災者生活再建支援システム

迅速に 府と舞鶴市、稼働初訓練 /京都

 府と舞鶴市は14日、水害、地震など大規模災害の際に被災状況総括や被災者支援を迅速に行う「被災者生活再建支援システム」の稼働訓練を初めて実施した。被災状況を一元データ化するとともに、被災状況判定や証明書発行の方法をマニュアル化し、他自治体に応援で派遣される場合も作業をスムーズにできる。この日は舞鶴市役所で、市職員が中心となって同システムに従った被災家屋調査やり災証明書発行の手順を確認した。

 同システムは、NTT東日本が開発。府内では京都市が単独で、他の全市町村が共同で導入。被害調査結果を…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文584文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  2. ORICON NEWS お年玉付年賀はがき 当せん番号が決定 特賞は東京五輪の開会&閉会式ペア券など

  3. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  4. 女子シングルス・美誠敗れ3冠逃す、ひな初優勝 男子・宇田初優勝 全日本卓球

  5. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです