メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと兵庫、大阪、京都

同志社、立命館、関西、大阪市立大学 創立者の足跡 学問は市民のためのもの

新島旧邸=京都市上京区で、北林靖彦撮影

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 ちょい旅>

 明治初期、新しい時代を担う人材を育成するための高等教育機関が相次いで創設された。関西の主要大学の多くも源流は明治時代にさかのぼる。学校設立に奔走した新島襄、西園寺公望(きんもち)、児島惟謙(いけん)、五代友厚の4人の足跡をたどると、そこには今も彼らのDNAが根付いていた。【北林靖彦】

 新島襄(1843~90)は、上州安中藩士の子として江戸で生まれた。米国で日本人初の学位や宣教師資格…

この記事は有料記事です。

残り1197文字(全文1410文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです