メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

小さな命を守るために=岡本和子・NPO法人みゅーまる代表

 犬や猫などの愛玩動物との生活を楽しんでいる人たちは多いだろう。現在、日本での飼い犬・飼い猫数は約1844万匹で、15歳未満の子供の数(約1553万人)を上回っている。私も愛犬、愛猫との生活を満喫している一人だ。

 一方で、殺処分や虐待が後を絶たない悲しい現実がある。2017年度に全国の保健所などで殺処分された犬や猫は4万3227匹。保護や譲渡に取り組む自治体や動物愛護団体の努力で減少傾向にはある。しかしペット産業の流通過程での死亡数はカウントすらされていない。引き取り業者が劣悪な環境の下で大量飼育したり遺棄したりする例もある。

 動物の繁殖や管理に関する数値的な規制がないため、問題が表面化してもその根を断ち切れないのが現状だ。…

この記事は有料記事です。

残り951文字(全文1267文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈
  4. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  5. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです