メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論プラス

元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子

論説委員・大貫智子

植民地の認識で対立

 10月30日の韓国最高裁による日本企業への賠償判決により、日韓両国の感情的な対立が深まっている。韓国において、日本との関係は建国の歴史や民主化運動など近現代史と複雑に絡み合う。国民への説明責任が求められる今日、かつてのように玉虫色の政治決着を図るのは困難な状況だ。元徴用工問題の解決に向け、韓国政府が早期に明確な態度表明を行うことを期待したい。

この記事は有料記事です。

残り1869文字(全文2051文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  4. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄
  5. 双子のパイロット訓練生、被災の熊本から羽ばたく 全日空と日航に入社へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです