メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

入管法改正案

対立激化 与党、今国会成立を確認/野党、阻止へ6党派結束

衆院法務委員会理事懇談会を終え、政府が提示した資料を手に記者に発言する立憲・山尾志桜里氏(中央)ら野党議員たち=国会内で2018年11月14日午後1時31分、川田雅浩撮影

 外国人労働者の受け入れ拡大に向けた入管法改正案をめぐり、野党6党派は14日、国会内で国対委員長会談を開き、政府・与党が目指す臨時国会での成立を阻止する方針で一致した。政府は2019年度から5年間で、最大34万人の外国人労働者を受け入れるとの試算を提示したが、野党側は「数字の根拠が示されていない」「机上の空論」と反発。政府・与党の「拙速な審議」を印象づけるため、政府が数字の根拠とした情報の開示を求め続けて揺さぶる構えだ。【小田中大、田辺佑介】

 「『政令に委ねる』とか『精査中』と答えるばかりで充実した議論ができない」

この記事は有料記事です。

残り818文字(全文1078文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  2. 滋賀・名神高速事故 被害者の身元判明 奈良県の女性会社員ら
  3. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  4. 新幹線「N700S」が時速360キロ 東海道で過去最高速度
  5. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです