メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イタリア

EUとの攻防激化 予算修正せず、制裁の可能性

予算編成の閣議後、報道陣に語るイタリアのディマイオ副首相=13日、AP

 【ロンドン三沢耕平】イタリアの2019年予算編成を巡り、同国と欧州連合(EU)の攻防が激しくなっている。イタリア政府は13日夜(日本時間14日未明)、EUが求めていた予算の修正に従わない方針を確認。EUの財政ルールを無視したことで欧州委員会がイタリアに制裁を発動する可能性も出てきた。

 「予算は変わらない。我々にとって必要な予算だからだ」。13日夜、予算案の修正を協議した会議の後、イタリアのポピュリズム(大衆迎合主義)政党「五つ星運動」の党首を務めるディマイオ副首相はこう強調し、EUの修正要求を拒否する考えを示した。

 イタリアは6月に「五つ星運動」と極右政党「同盟」による連立政権が誕生。政権発足を巡って政局が混乱し…

この記事は有料記事です。

残り1145文字(全文1456文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです