メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一人一人に適した課題が出されるIT教材で英語の授業を受ける生徒たち=東京都杉並区の東京立正中学・高等学校で

 デジタル教材やアプリを使って、教育上のさまざまな課題を解決しようとする動きが広がっている。導入された現場では、これまであまりできなかった学力の底上げや、多様な個性を伸ばすために、ITが威力を発揮していた。

 ●個々の弱点を明示

 静まりかえった東京立正中学・高校(東京都杉並区)の教室。中学3年の生徒19人が、各自の机上にあるパソコンでeラーニング教材「すらら」を使った英語の授業に取り組んでいた。事前に授業で習った範囲をすららで復習する宿題が出ており、生徒はまず小テストを解く。

 生徒が見ている画面はそれぞれ違う。間違った箇所に応じて補習画面が登場するのだ。理解できている子は先へ進み、遅れている子は多くの補習が課されていく。教員のパソコンでは、テストの正答率や結果を基に分析した一人一人の弱点が一目瞭然だ。山家秋歩さん(14)は「授業は分からなくても進んでいくけど、すららは自分のペースでやれるのがいい」と話す。

この記事は有料記事です。

残り1996文字(全文2403文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  2. 東京都 新たに180人以上の感染確認 1日で最多 新型コロナ

  3. 緊急事態 愛知知事が対象追加を要請 10日午後、県独自で宣言

  4. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  5. 「客激減」「3連休の緩み」くっきり データで見る“自粛”度合い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです