メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

ちきゅう、プレート境界断層へ 大地震懸念の南海トラフ、海底下5200メートル掘削計画

 近い将来、大地震を起こすと懸念される南海トラフで、海洋研究開発機構の地球深部探査船「ちきゅう」が海底の掘削を続けている。目指すのは海底下約5200メートル。過去に何度も地震を起こしてきたプレート境界断層の岩石を採取する世界初の試みだ。【池田知広】

 ●固着域を直接観測

 10月10日、静岡市の清水港。全長210メートルの「ちきゅう」が大勢の見送りを受けて出航した。向かったのは紀伊半島沖の熊野灘。この地点は過去の航海ですでに海底下約3000メートルまで掘削してあり、今回は約5200メートルまで掘り抜くことを目標としている。8カ国の研究者が参加する国際共同プロジェクトだ。

 南海トラフは駿河湾から日向灘にかけて延びる海溝のような場所。フィリピン海プレートがユーラシアプレー…

この記事は有料記事です。

残り1423文字(全文1759文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです