メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

入れ墨

「歴史ある風俗」 「医療」と認めず逆転無罪 大阪高裁

無罪判決を受けた記者会見で笑顔を見せる増田太輝被告=大阪市北区で2018年11月14日午後5時8分、猪飼健史撮影

 医師免許がないのに入れ墨(タトゥー)を客に施したとして、医師法違反罪に問われた大阪府吹田市の彫り師、増田太輝被告(30)の控訴審判決で、大阪高裁は14日、罰金15万円とした1審・大阪地裁判決を破棄し、逆転無罪を言い渡した。西田真基裁判長は「入れ墨は歴史的背景のある風俗」と指摘し、医療行為には当たらないと判断した。

 医師法は医師以外による医業を禁じているが、具体的な行為は示しておらず、入れ墨が芸術か医療かを巡って…

この記事は有料記事です。

残り706文字(全文914文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 慶大アメフット部を事実上の降格処分 関東学生連盟 部員の不適切行為で

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 大学アメフット界またも…慶大部員、女子風呂“悪質”盗撮…無期限の活動自粛(スポニチ)

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです