雑記帳

「とちおとめ」などの生産が盛んな栃木県が14日…

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
栃木県が開発したイチゴの新品種=宇都宮市で2018年11月14日、野田樹撮影
栃木県が開発したイチゴの新品種=宇都宮市で2018年11月14日、野田樹撮影

 「とちおとめ」などの生産が盛んな栃木県が14日、イチゴの新品種を開発したと発表した。とちおとめより甘みが強く、1株当たりの収穫量が3割多いといい、主力品種化が期待されている。

 県いちご研究所が7年がかりで開発した。収穫が10月下旬からで早めに出荷できるだけでなく、実が硬めで型崩れしにくく、西日本や…

この記事は有料記事です。

残り123文字(全文273文字)

あわせて読みたい

ニュース特集