メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奈良・当麻寺西塔

白鳳時代の舎利容器 国内最古級 7世紀後半 金・銀・銅「入れ子型」

当麻寺の西塔から見つかった、三重になった舎利容器=奈良市の奈良国立博物館で2018年11月14日午後4時38分、木葉健二撮影

 奈良県葛城市の当麻寺(たいまでら)にある国宝の三重塔・西塔(高さ約25メートル)の先端に納められていた舎利容器が、白鳳時代(7世紀後半)の制作で、舎利容器としては国内最古級だったと、奈良国立博物館や県教委が14日発表した。金、銀、銅の三重の容器に入った「入れ子型」で、専門家は「国宝級の文化財。仏教美術史における大きな発見」としている。【大川泰弘】

 舎利容器は塔の心柱の先端、屋根の上にある相輪上部に納められていた。その存在は1910年代の修理でも…

この記事は有料記事です。

残り436文字(全文661文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 高齢女性が金づちで頭を殴られ搬送 男が逃走 大阪の路上

  4. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  5. 仙台ドン・キホーテに爆破予告 一時営業休止、買い物客ら避難 不審物見つからず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです