メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮・拉致問題

横田めぐみさん拉致41年 早紀江さん「無事帰って」

横田めぐみさんが拉致されてから41年。思いを語る母早紀江さん=川崎市川崎区で2018年11月14日、和田大典撮影

 横田めぐみさん(行方不明時13歳)が北朝鮮に拉致されてから15日で41年。それを前に、母早紀江さん(82)が14日、自宅のある川崎市内で記者会見し、「無事に帰ってきてくれさえすればいい。何とかして取りかえしたい」と訴え、政府に早期救出を求めた。

 めぐみさんは1977年、新潟市の中学校から下校中に消息を絶った。しかし北朝鮮による拉致疑惑が浮上したのは97年。早紀江さんは放置された時…

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文481文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. 伏兵中村の歓喜 内に秘めた「主役交代」の誓い MGC

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. 世界経済・見て歩き 中国・華西村 「金持ち村」の今 錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです