メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

被爆写真

広島投下3日後、カラー化 毎日新聞記者撮影4枚

 広島に原爆が投下された3日後の1945年8月9日、毎日新聞記者が撮影した40枚の白黒写真のうち4枚について、毎日新聞は大阪大サイバーメディアセンター(大阪府茨木市)の協力を得て、人工知能(AI)の技術を活用しながらカラー化した。

 カラー化したのは、一面がれきになった広島市中心部の写真など。カリフォルニア大バークリー校のリチャード・チャン博士らが開発したオープンソース(無償公開し、誰でも自由に利用できるようにしたソフト)で、AIが自ら学習するディープラーニング(深層学習)技術を使用したカラー化ツールを活用した。

 大阪大サイバーメディアセンターの李天鎬特任准教授らが、阪神大震災や東日本大震災の被災地で毎日新聞の…

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文767文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. 和歌山の新図書館、来年4月オープンへ 1階にスタバ、蔦屋書店も

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. ORICON NEWS 池田エライザ、胸下ロングヘアで印象ガラリ 「幼く見える」「だれかわからへん」

  5. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです