メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎

県内上場企業ゼロへ 全国の都道府県で唯一

今年度末での上場廃止が決まった長崎に本社機能を置く唯一の上場企業、十八銀行の本店=長崎市銅座町で2018年10月31日、浅野翔太郎撮影

十八銀行とふくおかFGとの経営統合で

 ふくおかフィナンシャルグループ(FG)との経営統合(2019年4月)で十八銀行(本店・長崎市、東証1部)が19年3月末で上場廃止となることで、長崎は全国で唯一、本社機能を置く上場企業がゼロの都道府県になる見通しだ。県や財界関係者には、「産業活性化や若者の定住に地場の上場企業は大きな存在」との意見もあり、地元の税理士らが株式上場セミナーを開催する動きも出ている。【浅野翔太郎】

 県内企業の上場は、06年に佐世保市に本社を構えていた山下医科器械(現ヤマシタヘルスケアホールディン…

この記事は有料記事です。

残り532文字(全文789文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです