メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国

英閣議で承認 EU離脱合意案

閣議決定後、官邸前で会見する英国のメイ首相=ロンドンで2018年11月14日、AP

 【ロンドン矢野純一、ブリュッセル八田浩輔】英政府は14日、臨時閣議を開き、欧州連合(EU)からの離脱の条件を定めた協定の合意案を承認した。EUは25日にも臨時首脳会議を開き、双方が署名する見通し。来年3月の離脱を控えギリギリのタイミングで合意に達したが、協定の発効には各国の批准が必要で、英議会で承認を得られるか予断を許さない。

 メイ首相は閣議決定後、官邸前で記者団に対し、「国益にかなう決定で、英国連邦全体にとって最も利益となる」と表明した。さらに「合意案か、合意無しの離脱か、離脱しないかだ」と述べ、合意案に反対する議員をけん制した。

この記事は有料記事です。

残り736文字(全文1006文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. 武漢のアフリカ留学生「見捨てられたも同然」 5000人帰国できず「心折れそう」 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです