IoT

腎不全防げ 猫の健康管理トイレを開発

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
猫の健康管理をするIoTトイレ「トレッタ」=ハチたま提供
猫の健康管理をするIoTトイレ「トレッタ」=ハチたま提供

 あらゆる機器をネットワークにつなぐ「IoT」(モノのインターネット)の技術を駆使し、猫の健康管理をする猫用トイレ「トレッタ」が注目を集めている。IoT関連の創業を支援する北九州市の事業に寄せられたアイデアの一つ。ペット関連サービス会社「ハチたま」(神奈川県藤沢市)が開発し、1200件以上の予約が入る人気ぶりだ。

 猫は、5~6歳で急性の腎不全になることが多い。そのうち5~7割が改善せず、慢性腎不全のために15歳程度で死ぬという。

この記事は有料記事です。

残り688文字(全文904文字)

あわせて読みたい

注目の特集