メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トイレ川柳

最優秀賞「百点のテストを我が子トイレ置き」

応募総数は2万835句 仲畑貴志さんが審査

 TOTOは14日、第14回「トイレ川柳」の選考結果を発表し、最優秀賞は、テストで満点を取りながら家族に伝えられない子どもの思いを詠んだ「百点のテストを我が子トイレ置き」(かきくけ子)に決まった。

 応募総数は2万835句で、毎日新聞「仲畑流万能川柳」選者でコピーライターの仲畑貴志さんが審査した。いつか現実になるかもしれないトイレをテーマに募集した「未来のトイレ賞」…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文512文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 私立岩田中 体育で倒れ3年生死亡 遺族と学校、県庁で協議 第三者交え再調査へ /大分
  2. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  3. 札幌爆発事故 割れた窓、募る寒さ 本格復旧は来年へ
  4. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  5. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです