日露首脳会談

56年共同宣言が基礎 平和条約交渉を加速

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
会談する安倍晋三首相(左)とロシアのプーチン大統領=シンガポールで14日、AP
会談する安倍晋三首相(左)とロシアのプーチン大統領=シンガポールで14日、AP

 【シンガポール小山由宇】安倍晋三首相は14日夜(日本時間同)、訪問先のシンガポールでロシアのプーチン大統領と会談し、領土問題を含む平和条約交渉を加速することで合意した。「平和条約締結後に歯舞、色丹両島を日本に引き渡す」と明記した日ソ共同宣言(1956年)を基礎に交渉を本格化させる。首相が年明けに訪露し、プーチン氏と会談することも決めた。

 会談は約1時間半で、うち両氏と通訳だけの会談は約40分間に及んだ。首相は会談後、記者団に「北方領土問題を解決して平和条約を締結する。この戦後70年以上残された課題を次の世代に先送りすることなく、私とプーチン大統領で必ずや終止符を打つ。その強い意思を完全に共有した」と語った。一方、ロシアのペスコフ大統領報道官は、両首脳が日ソ共同宣言を基礎として平和条約交渉を加速させることで合意したと明らかにした。

この記事は有料記事です。

残り1131文字(全文1501文字)

あわせて読みたい

注目の特集