メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島原爆アーカイブ

がれき画像500枚学習 記憶すり合せ

紙屋町交差点(現広島市中区)南東にあった路面電車の残骸=爆心地から300メートル

 毎日新聞大阪本社写真部の国平幸男記者(2009年に92歳で死去)が、原爆投下3日後に撮影した広島の写真。カラー化の作業は、人工知能(AI)が提示した色を基本に、被爆者の記憶をすり合わせながら進めた。

 AIが自ら学習するディープラーニング(深層学習)技術を利用して、大阪大サイバーメディアセンターが、国平記者が撮影した白黒写真約40枚をコンピューターに読み込ませた。がれきの写真などのカラー化は難しく、阪神大震災や東日本大震災の被…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文539文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小刻みに震える子猫 殺処分に立ち会った おおいた動物愛護センター

  2. 新型コロナ 感染女性は小学校の給食配膳員 北海道・江別市教委が発表

  3. クックパッドニュース お肉がほろほろ美味に!“舞茸パワー”で絶品おかず

  4. 米、日本への渡航警戒レベル引き上げ 新型コロナ感染拡大で 不要不急の旅行延期検討呼びかけ

  5. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです