メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島原爆アーカイブ

がれき画像500枚学習 記憶すり合せ

紙屋町交差点(現広島市中区)南東にあった路面電車の残骸=爆心地から300メートル

 毎日新聞大阪本社写真部の国平幸男記者(2009年に92歳で死去)が、原爆投下3日後に撮影した広島の写真。カラー化の作業は、人工知能(AI)が提示した色を基本に、被爆者の記憶をすり合わせながら進めた。

 AIが自ら学習するディープラーニング(深層学習)技術を利用して、大阪大サイバーメディアセンターが、国平記者が撮影した白黒写真約40枚をコンピューターに読み込ませた。がれきの写真などのカラー化は難しく、阪神大震災や東日本大震災の被…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文539文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  4. 石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」

  5. 三浦半島や横浜で相次ぐ異臭騒ぎ、発生源は? 深まる謎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです