メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セクハラ防止ポスター

困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ

内閣府が作製したセクハラ防止のポスター

 女性への暴力をなくす国の取り組みの一環として内閣府が作ったセクハラ防止ポスターが不評だ。セクハラと言われ困り顔の男性を大写しにし、「男性が被害者なのか」と批判が相次いでいる。

 ポスターは俳優の東幹久さんを起用。女性に「今日の服、かわいいね。俺、好みだな」「痩せてきれいになったんじゃない?」と発言し、批判され困惑する顔に大きな字で「これもセクハラ?」とある。その下に「セクハラを決めるのは、あなたではない!」「相手や周囲に配慮した言動を!」とあしらう。

 ツイッター上には、<「こんなんじゃ何も言えないよ」と戸惑う男に見える>や<何がセクハラかを決める相手が悪いかのような言い方>などと批判が噴出。<セクハラで仕事やめました。どれぐらい真剣に考えたらこんな軽いポスターになるんですか?>という切実な声もあり、肯定意見は少ない。セクハラ問題に詳しい新村響子弁護士は、一定の啓発効果を認めた上で「軽い感じのポスターからレイプなども含むセクハラの深刻さが伝わら…

この記事は有料記事です。

残り209文字(全文636文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 「次期総裁は岸田氏か石破氏」 小泉純一郎元首相と山崎拓氏が一致

  5. 靖国参拝の小泉進次郎氏「大臣になってもちゅうちょなかった」 4閣僚が参拝

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです