日大アメフット

解雇無効求め内田前監督が大学提訴

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
日大アメリカンフットボール部・内田正人前監督=丸山博撮影
日大アメリカンフットボール部・内田正人前監督=丸山博撮影

 日本大アメリカンフットボール部の悪質なタックル問題で、日大を懲戒解雇された内田正人前監督(63)が解雇無効などを求め、東京地裁に提訴していたことが関係者への取材で明らかになった。15日に第1回口頭弁論が行われる。

 日大の宮川泰介選手(20)は5月、東京都内での試合で関西学院大の選手にタックルし、全…

この記事は有料記事です。

残り133文字(全文283文字)

あわせて読みたい

注目の特集