世界糖尿病デー

大阪城など全国名所223カ所が青色に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「世界糖尿病デー」の14日、シンボルカラーの青色で建物をライトアップし、予防や治療の大切さを広める催しが全国各地であった。大阪城や通天閣(いずれも大阪市)、八坂神社(京都市)など全国223カ所の名所が闇夜を青く照らした。

 11月14日は血糖値を調節するホルモン「インスリン」を1921年に発見したカ…

この記事は有料記事です。

残り111文字(全文261文字)

あわせて読みたい

注目の特集