メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発掘

信長の屋敷跡か 小牧山城で礎石見つかる

発掘された屋敷建物の礎石と玉石敷(後方)=愛知県小牧市の小牧山城跡で2018年11月14日午前11時20分、花井武人撮影

 織田信長が築城したとされる愛知県小牧市の小牧山城の発掘調査で、同市教育委員会は14日、山頂の天守(主郭)近くに屋敷建物があったことを示す礎石が見つかったと発表した。信長か身内の居宅だった可能性がある。天守近くに居宅があるのは近世城郭の特徴の一つで、市教委は「小牧山城が(岐阜城や安土城に先立つ)近世城郭のルーツとの見方が一層強まった」としている。

 礎石は天守の南東側斜面下の平たん地で8個見つかり、周囲には玉石敷もあった。礎石は建物2棟の柱を支え…

この記事は有料記事です。

残り715文字(全文939文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS misonoの夫・Nosukeが闘病公表「精巣がんによる胚細胞腫瘍」
  2. 飲食店で爆発 けが人10人以上か 札幌市
  3. 札幌飲食店爆発 店「跡形もなく」 消防員近づかないよう呼びかけ
  4. 防府読売マラソン 川内が2年連続4度目の優勝
  5. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです