メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

当麻寺

三重塔の舎利容器 最古級の白鳳時代制作と判明

当麻寺の西塔から見つかった、三重になった舎利容器=奈良市の奈良国立博物館で2018年11月14日午後4時38分、木葉健二撮影

 奈良県葛城市の当麻寺(たいまでら)にある国宝の三重塔・西塔(高さ約25メートル)の先端に納められていた舎利容器が、白鳳時代(7世紀後半)の制作で、舎利容器としては国内最古級だったことが分かった。14日、奈良国立博物館や県教委が発表した。金、銀、銅の三重の容器に入った「入れ子型」で、専門家は「国宝級の文化財。仏教美術史における大きな発見」としている。

 舎利容器は塔の心柱の先端、屋根の上にある相輪の上部に納められていた。その存在は1910年代の修理で…

この記事は有料記事です。

残り527文字(全文753文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  3. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  4. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

  5. 平手打ちや蹴り 小学女子バレー監督が体罰か 日小連が再調査指示 大分

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです