メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

入れ墨

「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪

無罪判決を受けた記者会見で笑顔を見せる増田太輝被告=大阪市北区で2018年11月14日午後5時8分、猪飼健史撮影

 医師免許がないのに入れ墨(タトゥー)を客に施したとして、医師法違反罪に問われた大阪府吹田市の彫り師、増田太輝被告(30)の控訴審判決で、大阪高裁は14日、罰金15万円とした1審・大阪地裁判決を破棄し、逆転無罪を言い渡した。西田真基裁判長は「入れ墨は歴史的背景のある風俗」と指摘し、医療行為には当たらないと判断した。

 医師法は医師以外による医業を禁じているが、具体的な行為は示しておらず、入れ墨が芸術か医療かを巡って…

この記事は有料記事です。

残り728文字(全文936文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 台湾 徴兵制終了 若者に嫌気、戦力維持に課題
  3. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  4. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故
  5. ルノーに亀裂 日産との関係悪化を懸念、ゴーンCEOに怒りも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです