入れ墨逆転無罪

彫り師「間違いでなかった」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
無罪判決を受けた記者会見で笑顔を見せる増田太輝被告=大阪市北区で2018年11月14日午後5時8分、猪飼健史撮影
無罪判決を受けた記者会見で笑顔を見せる増田太輝被告=大阪市北区で2018年11月14日午後5時8分、猪飼健史撮影

 「彫り師としての人生を取り戻すため、最後まで闘う」。増田太輝被告(30)は判決後、大阪市内で開かれた記者会見でそう語り、「無罪」と書かれた垂れ幕を掲げた。

 いったん罰金命令を受けたが納得できず、正式な裁判を請求。署名集めなどの活動を続けてきた。

 会場には支援者ら約50人が集まり、大きな拍手で迎えら…

この記事は有料記事です。

残り176文字(全文326文字)

あわせて読みたい

注目の特集