メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

入れ墨逆転無罪

若者に流行 識者「時代に即した判断」

無罪判決を受けて記者会見する増田太輝被告(左)=大阪市北区で2018年11月14日午後4時59分、猪飼健史撮影

 入れ墨(タトゥー)には否定的な見方も根強いが、若者にはファッションとして既に広まっている。海外では文化として定着している国も少なくない。訪日外国人の増加や2020年の東京五輪・パラリンピックを控え、社会の反応はさまざまだ。

 入れ墨の施術は戦前の「警察犯処罰令」で禁止されていたが、1948年に廃止。その後は法的な規制はなく、長年容認されてきた経緯がある。

 入れ墨に詳しい都留文科大の山本芳美教授(文化人類学)によると、90年代以降に若者に広まった。約20…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノルウェー豪華客船がエンジン故障 1370人乗せたまま航行不能に
  2. ORICON NEWS タモリ、平成最後のフジ生特番で総合司会 新元号の瞬間も立ち会う
  3. 米子東の選手がベンチ入りせず
  4. 不正受給 尼崎市、介護施設事業者の指定を取り消し /兵庫
  5. 広瀬すず 100作目朝ドラヒロインは必然 強運引き寄せる「完璧主義」と「負けず嫌い」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです