メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽の窓から世の中を眺めて

アイーダ・戦争と権力と宗教

公演は10月20・21日、神奈川県民ホール大ホールで行われた (C)林喜代種

江川紹子 

 神奈川県民ホールで2日にわたって上演された「アイーダ」を鑑賞した。アンドレア・バッティストーニ率いる東京フィルハーモニー交響楽団によるスケールの大きな音楽と心にしみる美しいピアニシモにしびれ、情熱的で輝かしい福井敬ラダメスや細やかな表現の清水華澄アムネリスなど歌手陣も充実していて、実に幸せな2日間だった。

 ところで、私は大のアムネリスびいきで、ツイッターのアカウントも「@amneris84」という。一部…

この記事は有料記事です。

残り3477文字(全文3688文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 即位の礼 海外も高い関心 中韓で生中継 韓国「憲法」「平和」に注目 即位礼で

  5. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです