メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽の窓から世の中を眺めて

アイーダ・戦争と権力と宗教

公演は10月20・21日、神奈川県民ホール大ホールで行われた (C)林喜代種

江川紹子 

 神奈川県民ホールで2日にわたって上演された「アイーダ」を鑑賞した。アンドレア・バッティストーニ率いる東京フィルハーモニー交響楽団によるスケールの大きな音楽と心にしみる美しいピアニシモにしびれ、情熱的で輝かしい福井敬ラダメスや細やかな表現の清水華澄アムネリスなど歌手陣も充実していて、実に幸せな2日間だった。

 ところで、私は大のアムネリスびいきで、ツイッターのアカウントも「@amneris84」という。一部…

この記事は有料記事です。

残り3477文字(全文3688文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  2. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  3. 確保の男「パクリやがって」恨み言 京アニ火災
  4. 1人死亡12人心肺停止 「死ね」と叫び液体まく 京アニ火災
  5. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです