メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サワコの朝

強面なのにチャーミング 俳優・遠藤憲一がブレイクした本当の理由とは?

 トーク番組「サワコの朝」(MBS/TBS系全国ネット、11月17日午前7時半~8時)のゲストは、俳優の遠藤憲一さん。初対面のサワコと笑顔でいきなりの「ハグ」、超和やかに収録がスタートした!

 2017年男性タレントCM起用社ランキングでは堂々の1位となり、現在ドラマやバラエティーで引っ張りだこの遠藤さん。

 デビューしてから40代後半までほとんど「悪役」か「犯人役」だったのが、近年では大河ドラマの戦国武将役からコミカルで情けない役柄まで幅広く演じ、世代を超えて人気俳優となった。

 実は20歳のころ、俳優養成所の無名塾に合格したものの10日でやめるなど、自分に合わないと思ったら続かない性格だったという遠藤さん。

 22歳の時にドラマ「青が散る」(TBS)で連ドラデビューした当時は「撮影の合間に、共演者やスタッフと一言も話せないような役者だった」と、懐かしい映像を振り返りながら、俳優として駆け出しの頃の思い出話もうかがう。

「記憶の中で今もきらめく1曲」は、ベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」の第4楽章。

 小学生のころから勉強嫌いだったものの、17歳で演劇に巡り合ってから勉強する意欲がついてきたという遠藤さん。はじめて触れる文学や音楽が新鮮で面白くて興奮したという。ベートーヴェンを初めて聞いた時、10代だった遠藤さんは何を感じたのか?

 思わずサワコが「素敵!」と絶賛した、遠藤さんの一言にもぜひご注目!

 映画やドラマ以外にも幅広い仕事がくるようになったのは、現在マネージャーを務める奥様の存在が大きいという遠藤さん。バラエティー番組に出るきっかけを作ってくれたのも奥様だったそだが、最初はセリフや台本のないバラエティーの仕事は大の苦手だったようで……。緊張のあまりパニックになった話や収録中に奥様に超ダメ出しされた話など、遠藤さんの意外な素顔にサワコも爆笑の連続!

 強面なのに、笑顔が素敵でチャーミングな「遠憲さん」が満載の30分。年上サワコと意気投合、他の番組では聞けないトークをぜひお楽しみに!

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  4. 男子SPは羽生が貫禄の首位発進 フィギュアNHK杯

  5. 桜を見る会「私物化」前夜祭は「公職選挙法違反疑惑」など 野党4党が追及点五つを整理

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです