メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

英サッカー審判、試合前にコイン忘れじゃんけん指示 職務停止に

 11月14日、イングランドサッカー協会(FA)は、デービッド・マクナマラ審判が試合開始前に両チームにエンド(陣地)を決めさせる際、規定のコイントスをせずじゃんけんをさせたとして、11月26日から3週間の職務停止処分とした。写真は、その際にじゃんけんをしたマンチェスター・シティ主将のステフ・ ホートン選手。3月21日にマンチェスターで撮影(2018年 ロイター/Craig Brough)

 [ロンドン 14日 ロイター] - イングランドサッカー協会(FA)は、デービッド・マクナマラ審判が試合開始前に両チームにエンド(陣地)を決めさせる際、規定のコイントスをせずじゃんけんをさせたとして、11月26日から3週間の職務停止処分とした。英メディアが13日報じた。

     事件は10月26日のFA女子スーパーリーグ、マンチェスター・シティ対レディング戦で起きた。BBCによると、コイントスをしようとしたマクナマラ審判は、コインを忘れたことに気づき、両チームのキャプテンにじゃんけんでエンドを決めさせた。

     コイントスでエンドを決めることは、競技規則に定められている。

     同審判はFAに対し異議を申し立てることができる。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 福井放送の87歳元社長逮捕 帰宅途中にひき逃げ容疑「物を踏んだと思った」
    2. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
    3. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委
    4. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
    5. 丸山議員「女性いる店で飲ませろ」 北方領土訪問中、禁止されている外出を試みる

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです