メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジアラビア

記者殺害 米が17人制裁へ 皇太子の側近も

 【ワシントン高本耕太】米財務省は15日、サウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏殺害事件の計画・実行に関与したとして、サウジ政府高官ら17人に対する制裁措置を発表した。ムハンマド皇太子の側近でサウジ王室顧問だったカハタニ氏やイスタンブール総領事が含まれている。米国内の資産が凍結され、米国人との取引も禁じられる。

 カショギ氏殺害事件で、サウジ検察当局は11人を起訴、うち5被告に死刑を求刑すると15日発表。ムハンマド皇太子の関与は否定した。米国側の制裁発表は、サウジ当局の捜査結果公表直後のタイミングで、事件収束に向けた両国間の調整をうかがわせた。

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文536文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 広報動画は賛成誘導 担当局の課長発言

  2. 立憲、2人の重鎮に注目 小沢氏「思い切った政策を」 中村氏「野党連携に注力」

  3. はんこは害悪=不見識 山梨県知事、河野氏に苦言「押印と区別を」

  4. 工事現場の足場から金属製パイプ落下 通行人2人が重軽傷 神戸

  5. メルケルの歩み サウナバッグを手に「壁」越えた日 物静かな優等生35歳の転身

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです