メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

iPS細胞

がん進行抑制 免疫細胞作製、マウス実験成功 京大チーム

 人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から、効果的にがんを抑制できる免疫細胞「キラーT細胞」を作製し、マウスを使った実験でがんの進行を遅らせることに成功したと、京都大の金子新准教授(免疫再生治療学)のチームが15日付の米科学誌電子版に発表した。iPS細胞を使ったがん免疫療法の実用化につながる成果としている。

 体内のキラーT細胞はがんを攻撃し続けると、疲弊してしまうため、チームはiPS細胞から、若くて元気な…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文569文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  2. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  3. 皇居近くの首都高でトレーラー炎上

  4. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです