メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

両陛下、被災地・厚真を訪問 遺族らに温かい声 「大変だったでしょう」 沿道住民、手を振り感謝 /北海道

 15日に厚真町を日帰りで訪れられた天皇、皇后両陛下は、胆振東部地震最大の被災地で家族を亡くした遺族や土砂崩れで家を失った被災者らに「大変だったでしょう」と温かい声をかけた。沿道を埋めた住民からは感謝の声が上がり、目に涙を浮かべる姿も見られた。【福島英博、日下部元美、澤俊太郎、阿部義正】

 両陛下は町総合ケアセンター「ゆくり」で、遺族ら被災者、救援活動に尽力した警察、消防、自衛隊、ボランティアらと面会。じっくりと話に耳を傾けた。寒さが本格化する中、仮設住宅や避難所で生活を送る被災者には「お体を大切に」と声をかけ、気遣った。住民同士で救出や避難生活を支え合った話を聞いた天皇陛下は「協力する精神があることは大変心強いですね」と感心した様子だった。

 皇后さまは、1995年の阪神大震災で神戸市で被災後に移住した山内香さんに声をかけた。山内さんが阪神…

この記事は有料記事です。

残り771文字(全文1145文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです