メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特別展

身近なカモ、見て知って 寄居・川の博物館 /埼玉

 カモは代表的な冬の渡り鳥として多くの人に親しまれているが、その全体像はあまり知られていない。県内で見られるカモについて、「見る・知る・獲(と)る・食う」という四つの視点から幅広く紹介する珍しい特別展「カモ・鴨-見・知・獲・食-」が県立川の博物館(寄居町小園)で開かれている。来年1月6日まで。

 同展によると、日本国内で確認されているカモは56種。うち県内では31種が観察され、マガモやカルガモ、コガモ、オナガガモなどがよく見られる。季節による移動をしない留鳥のカルガモを除き、多くは秋に日本に渡ってきて冬を越し、春に北方に…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文657文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

  3. iPSで国内初のがん治療、千葉大などが治験実施、移植成功

  4. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  5. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです