メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人・かお・トーク

裁判員制度、理解深めたい 甲府地家裁所長・細田啓介さん /山梨

細田啓介さん(56)

 --これまでどのような仕事をされてきましたか。

 ◆刑事裁判が長かったですが、1992年から4年間、外交官として米国に赴任しました。日本の経済交渉を担当し、第三者の立場から物事を判断する、裁判官とは異なる経験もしました。特に印象深いのは最高裁事務総局で裁判員裁判の導入に関わったことです。制度は2009年から始まり、今度は裁判長として市民と一緒に事件を裁きました。

この記事は有料記事です。

残り808文字(全文1000文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  2. 行政ファイル 金沢の飲食店で食中毒 /石川

  3. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. なるか埼玉の新名物 蕨市の「わらび餅」 完成まで2年、こだわりの新食感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです