風疹予防接種

箕面市、助成制度を拡大 市民の半数が対象 /大阪

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 箕面市は15日、風疹の予防接種の助成制度を拡大した。現行の助成対象は妊婦の配偶者、妊娠を希望する女性とその配偶者だけだったが、予防接種制度のなかった世代や、感染者の多い若年層以上の男性にも広げる。妊婦や妊娠希望者と直接関係のない対象者への助成は府内初。

 国立感染症研究所によると11月7日現在、今年の国内の風疹患者は1884人で昨年の20倍。府内でも71人が確認された。妊娠初期の女…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文482文字)

あわせて読みたい

ニュース特集