メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プラスチック危機

国内受け入れ飽和状態 廃プラ、処理法確立急務 焼却限界、コスト増 小島理沙・京都経済短期大准教授の話

再生資源利用、義務化が必要 小島理沙・京都経済短期大准教授(環境経済学)の話

 廃プラは複合素材が増え、完全に分別することは困難で、リサイクルだけでは限界がある。製造段階から、再生しやすい素材を使うことも、リサイクルを進める方法だ。その際、消費者もその製品を選ぶことが求められる。プラスチックは使いやす…

この記事は有料記事です。

残り78文字(全文228文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Tポイント詐取容疑で逮捕 キャンペーンを悪用 9300万円相当を不正取得か 埼玉県警

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  4. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  5. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです