メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

歴史に参照する「今」=西川恵

 <kin-gon>

 世界の首脳約70人が参加して11日、パリでもたれた第一次世界大戦終結100周年の記念式典。歴史の教訓を踏まえ、ナショナリズム、一国主義、不寛容が広がる今日の時代状況に首脳たちの結束した「ノー」の決意を見せようと、マクロン仏大統領が仕掛けた。しかし実際は結束よりも分裂を見せつけた。

 この数年、歴史にアナロジー(類推)を求め、今日の政治、経済、社会状況を分析・理解しようとの姿勢が政…

この記事は有料記事です。

残り822文字(全文1023文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  3. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  4. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  5. 初出場の筑陽学園がセンバツ初勝利 福知山成美との競り合い制す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです