メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

布施広の地球議

こども食堂に思う

 新潟の友人がお礼だと言ってブランド米を送ってきた。大したことはしていないので大きな袋ごと寄付することにした。2年ほど前だ。

 おなかをすかせた子供たちに食べてほしいが、寄付する先が分からない。まずは私が住む東京都H市の社会福祉協議会(社協)に尋ねると「市役所に聞いた方がいい」とすげない返事。

 そこでH市役所に電話すると、絵に描いたようなたらい回しだ。住所氏名は名乗ったが、顔も素性も分からぬ一市民からの食糧の寄付。警戒するのも分からないではない。

 ただ問題は、電話に出た職員が「ああ、それは〇〇課の方ですね」と、ろくに話を聞こうとしないことだ。そ…

この記事は有料記事です。

残り711文字(全文985文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  4. 近畿、中国、四国も、最も遅い梅雨入り
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです