メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トップインタビュー

三越伊勢丹HD 杉江俊彦社長

三越伊勢丹HDの杉江俊彦社長=藤渕志保撮影

苦境克服へ 全店変革必要

 三越伊勢丹ホールディングス(HD)の杉江俊彦社長がインタビューに応じ、不振が続く地方店の再建に危機感を持って取り組み、人員削減などで経営改革をさらに進めると語った。【聞き手・今村茜】

 --業界は苦境が続いています。

 ◆百貨店は幅広い商品がそろい人が集まる「プラットフォーマー」だったが、1980年代の婦人服ブームを機に、利益率が最も高い婦人服に偏った。商品配分を見直し、プラットフォーマーに戻らねばならない。

この記事は有料記事です。

残り820文字(全文1037文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
  2. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰
  3. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  4. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師にささげる初優勝
  5. 躍進の炎鵬関 事故死した「兄」しこ名に 白鵬がスカウト

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです