連載

アクセス

あらゆるジャンルの旬の話題を一味違う切り口で取り上げます。

連載一覧

アクセス

消極的な国会論戦 答弁ただされ…「通告ない」 首相自ら言及、内容説明できず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
安倍首相の消極的な国会答弁とは?
安倍首相の消極的な国会答弁とは?

 今国会の論戦で安倍晋三首相の消極姿勢が目立つ。質問の事前通告がないとして答えなかったり、答弁原稿を延々と棒読みしたり。首相が自身の考えを自身の言葉で語るのを聞きたい。そう思うのは私だけだろうか。【江畑佳明】

 日本国内での米軍の地位を定めた日米地位協定を巡り、7日の参院予算委員会で共産党の小池晃参院議員と首相らのやり取りがあった。日本に不利な協定を改定すべきだと小池氏がただすと、首相は米軍との「環境補足協定」締結などを例に挙げ、政府も努力していると反論した。

 環境補足協定は米軍基地内での環境汚染を日本側がチェックする仕組みを定め、2015年に締結した。

この記事は有料記事です。

残り609文字(全文888文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集