メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

消極的な国会論戦 答弁ただされ…「通告ない」 首相自ら言及、内容説明できず

安倍首相の消極的な国会答弁とは?

 今国会の論戦で安倍晋三首相の消極姿勢が目立つ。質問の事前通告がないとして答えなかったり、答弁原稿を延々と棒読みしたり。首相が自身の考えを自身の言葉で語るのを聞きたい。そう思うのは私だけだろうか。【江畑佳明】

 日本国内での米軍の地位を定めた日米地位協定を巡り、7日の参院予算委員会で共産党の小池晃参院議員と首相らのやり取りがあった。日本に不利な協定を改定すべきだと小池氏がただすと、首相は米軍との「環境補足協定」締結などを例に挙げ、政府も努力していると反論した。

 環境補足協定は米軍基地内での環境汚染を日本側がチェックする仕組みを定め、2015年に締結した。

この記事は有料記事です。

残り609文字(全文888文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです