国立感染研

エボラなど輸入計画 五輪対応で病原体

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 国立感染症研究所は15日、エボラ出血熱など危険性が特に高い感染症の発生に備えるため、海外の研究機関から5種類の病気の原因ウイルスを輸入する計画を公表した。2020年の東京五輪・パラリンピックを控え、感染者が発生した国からの渡航客の増加が予想されるほか、訪日外国人も増加しているため、検査体制の強化が必要と判断した。

 この日、東京都武蔵村山市で開かれたウイルスを扱う同研究所村山庁舎の周辺住民とでつくる協議会の会合で明らかにした。計画によると、輸入するのは、エボラ出血熱▽ラッサ熱▽クリミア・コンゴ出血熱▽南米出血熱▽マールブルグ病--の計5種類の病原ウイルス。村山庁舎内にあって、こうした致死率が高く危険なウイルスを扱うことが国内で唯一許された「バイオセーフティーレベル(BSL)4」の施設で保管する予定だ。

この記事は有料記事です。

残り57文字(全文412文字)

あわせて読みたい

ニュース特集