メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

両陛下、北海道地震の被災地をお見舞い 日帰りで

高橋はるみ知事(左)、宮坂尚市朗厚真町長(左から2人目)の案内で被災状況を視察される天皇、皇后両陛下=北海道厚真町で2018年11月15日午後1時53分、代表撮影

 天皇、皇后両陛下は15日、北海道厚真町を日帰りで訪ね、北海道胆振(いぶり)東部地震の被災地を見舞われた。町の施設で被災者ら約40人と交流し、「よく耐えてこられましたね」「ずいぶん怖い思いをされたんですね」などといたわりの言葉をかけた。被災地訪問は、両陛下の強い希望で実現した。

 9月6日に発生した最大震度7の地震による死者は41人で、約1万6000棟の建物が損壊した。大規模な土砂崩れが起きた同町では36人が亡くなった。

 両親と祖母を亡くした町職員の中村真吾さん(42)は皇后さまから「おつらい経験をされましたね」と声を…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  2. 「イチロー、ボールが見えていない印象」 村上雅則氏が指摘
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  5. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです